2014年3月27日木曜日

ソニー・オープン男子で、錦織圭が逆転でフェデラー破り、初の4強入り

男子テニスツアーのソニー・オープン男子は3月26日、シングルスの
準々決勝が行われ、第20シードの錦織圭が、第5シードのR・フェデラー(スイス)を
3-6, 7-5, 6-4の逆転で破り、大会初のベスト4進出を決めたということです。

世界ランク5位のフェデラーを破るってすごいですね。

これは、もしかしたら、優勝も狙えるかもしれません。

テニスって、昔はすごく世界との差があるスポーツだったのですが、
錦織圭の登場で、俄然注目されるようになりましたね。

今後は、日本でのテニスに注目が集まるようになればいいですね。

テニスは、テニスラケットとテニスシューズがあればいいので、
野球のようにはお金がかからないので、中学の部活はテニスというのも
いいかもしれませんよ。

まあ、中学だと、軟式テニスでしょうけど。

テニスシューズは通学用のシューズとしても使えることが多いので、
野球やサッカーのようにスパイクが要らないところも経済的でいいですね。

錦織の準決勝での相手は、N・ジョコビッチ(セルビア)とのことです。

是非、頑張って、決勝まで進んでもらいたいものです。

今の錦織圭なら、可能性がありますよね。まぐれじゃないです。

2013年9月25日水曜日

東京オリンピックのコンドーム戦争


2020年東京オリンピックの決定を受け、国内のコンドームメーカーが
脚光を浴びているということです。

オリンピックとコンドーム…全く関係なさそうなのですが、実は、
オリンピックの選手村で大量にコンドームが配布されるということの
ようなのです。

そして、配布されるコンドームは、開催国メーカーの製品が選ばれる
ケースが多く、相模ゴム工業やオカモトなど大手コンドームメーカーが
最先端の日の丸技術を駆使したコンドームの開発に精を出している
ということのようです。

オリンピック選手村でのコンドーム配布は、無償のため、メーカーは
直接利益には結びつかないのですが、メーカー側が無償配布の
見返りに期待するのは、グローバルな宣伝効果だということです。

日本ではコンドームでの避妊が8割なのですが、アメリカでは
コンドームでの避妊は3割にとどまり、経口避妊薬の低用量ピル
おされているのが現状です。

コンドームのいいところは、エイズや性病などの予防もできることで、
破れなければ、避妊の成功率も高いです。

ただ、中国製のコンドームなど、穴が空いているような粗悪なものも
ありますし、コンドームでの避妊率が100%でないところが少し
難点ではあります。

確実に避妊するなら、低用量ピルなどのほうがいいですが、
エイズなどの性病の心配がある場合には、コンドームでの
避妊のほうがいいような気がします。

しかし、オリンピックの選手村でコンドームが配られるってことは、
選手は競技期間中もセックスをしているってことなんでしょうかね?

性のオリンピックじゃないのだから、もっとストイックであっても
いいような気もしますが、スポーツ選手だけに性欲も旺盛って
ことなのかもしれませんね。

2013年7月19日金曜日

MLB、薬物疑惑でAロッドら約20選手に出場停止処分か


フロリダ州マイアミにあったクリニックのオーナーから
複数のメジャーリーガーが禁止薬物の提供を受けていた
とされる件で、メジャーリーグ機構が、ヤンキースの
アレックス・ロドリゲス内野手や、ブリュワーズの
ライアン・ブラウン外野手、そして、レンジャーズの
ネルソン・クルーズ外野手など、約20の選手に
出場停止の処分を言い渡す可能性が出てきたということです。

MLBの薬物規定では、初犯で50試合、2回目の違反で
100試合の出場停止、3回目で永久追放ということなので、
ロドリゲスやブラウンは、100試合の出場停止となる
可能性もあると、米スポーツ専門局『ESPN』が伝えています。

疑惑の第一報が報じられたのは、今から約半年前の今年1月のことで、
禁止薬物であるパフォーマンス増強剤=PEDを購入していたと、
マイアミのローカル紙が報じたのがきっかけです。

しかし、一度、薬物に頼ってしまうと、それなしではパフォーマンスを
発揮できなくなるということでしょうかね?

野球はパワーだけではないので、技術を磨けば、生き残れるとは
思うのですが、やはり、ホームランバッターとかになると、
薬物を使用してでも、パフォーマンスを維持したいと考えるのかも
しれませんね。

陸上競技でも最近薬物疑惑が出ていますし、スポーツ界には
筋肉増強などの薬物問題がはびこっているって感じですね。

個人がの筋肉増強系のサプリで筋肉の増強をするのは自由ですが、
プロ選手が薬物を使って筋肉を増強するのはNGですね。

個人輸入(通販)で筋肉増強系のサプリなんかを購入する場合には、
筋肉増強サプリ通販ランキングを参考にどうぞ。

2013年7月15日月曜日

ゲイ、パウエル、ドーピング陽性


男子短距離の元世界王者である米国のタイソン・ゲイ(30)に、
ドーピングの陽性反応が出たことに続き、陸上男子100メートルの
前世界記録保持者アサファ・パウエル(30)と、2008年北京五輪の
女子100メートル銀メダリストのシローン・シンプソン(28)ら
ジャマイカの陸上5選手にもドーピング検査で陽性反応が
出たということです。

これはちょっと陽性反応が出すぎですね。

検査の精度が今回から良くなったってことでしょうかね?

陸上競技、特に短距離や投てき系はドーピングをする人が
後を絶たないですね。

実際は、陽性反応が出た人以外にもドーピングをしている選手も
いるんでしょうけど、薬物まみれで記録を出されても、ちょっと
見ているほうとしては引いちゃいますね。

まあ、それだけ、ドーピングの効果は大きいのでしょうけどね。

ウサイン・ボルトは他の選手とは規格が違うので、ドーピングは
してそうにないですが、ジャマイカから5選手も陽性反応が
出ているので、ボルトとしても複雑な思いがあるでしょうね。

2013年7月10日水曜日

楽天の田中将大12連勝と日本ハムの斉藤



楽天の田中将大投手(24)が開幕から負けなしの12連勝を飾った
ということだ。

今回の内容は、9回4安打無失点で、今季2度目の完封勝利ということで、
完璧なデキでしたね。

これで、田中将大は、連続無失点記録を自己新となる40イニングまで
伸ばし、チームの貯金の12をすべて一人で獲得していることになります。

楽天は現在、43勝31敗の貯金12なので、もし、マー君が
いなかったら、どうなっていたんだろうって感じですね。

今、パリーグ首位にいれるのは完全にマー君こと田中将大のおかげだと思います。
しかし、マー君はすごいですね。

結婚した里田まいがアゲマンだとかいわれていますが、まさにそうなんだろうな
って感じですね。

野球選手は奥さんによって結構変わってきますから、田中は良い奥さんを
選んだなって感じですね。

里田まいはオバカキャラで売っていたけど、全然そんなことはないですね。

マー君が活躍する一方で、高校時代人気ではマー君を上回っていた
ハンカチ王子こと斉藤祐樹は怪我の影響でMAX136キロどまりと
完全にプロ野球生命がどうなるかの危機を迎えていますね。

高校時代はこれだけ差が出るとは思わなかったので、世の中、
分からないものですね。

斉藤は髪の毛もちょっときているので、プロペシア等の発毛剤を呑んだほうが
いいような気もしますね。

斉藤+若ハゲのようなネタを結構見ますし…

まあ、今は薄毛の心配より、戦力外通知を受けないかどうか
ってことでしょうけどね。

でも、今の状態だと、現役を引退しても、解説者や芸能界で
生きていくのは難しいでしょうから、選手としてもう一花咲かせないと
なかなか難しいですね。

客寄せパンダとしては、今は斉藤より、大谷のほうがすごいですからね。
しかし、プロの世界というのは厳しいものですね。

2013年6月22日土曜日

ロッテが元阪神のブラゼルを獲得!年俸は1470万円

ロッテは6月22日、昨年まで阪神に在籍した
クレイグ・ブラゼル内野手(33)を獲得すると発表した
ということだ。

年俸はなんと15万ドル(1470万円)プラス出来高払いと
いうことで、格安ですね。

ブラゼルは、今季、米独立リーグのセントポール・セインツで
プレーしていたということなので、日本に来るほうがよっぽど
待遇はいいでしょうね。

しかし、出来高がどれぐらいかはわかりませんが、
1470万とは格安ですね。

飛ぶボールに変更されているので、恐らく、年俸以上の
活躍はするんじゃないでしょうかね?

ロッテはすごい良い買い物をしたような気がしますね。

2013年4月3日水曜日

ダルビッシュが最後の一人で完全試合を逃す

レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が米国時間4月2日の
敵地ヒューストンで行われたアストロズ戦に今季初先発し、
9回2死までパーフェクトの好投をしたが、最後の打者に
センター前ヒットを打たれて、完全試合を逃したということです。

この試合、見ていなかったのですが、こんなことになっているなら
見ておいたほうがよかったですね。

しかし、2回2死まで完全試合って…これはやっちゃいましたね。

こういうのはそう何回もできることではないので、ここは
決めておきたかったですね。

しかし、野球って、最後の最後まで何が起こるか分からないものですね。

西武の西口みないに何回もノーヒットノーランを逃すようなことがないといいですけど…

まあ、でも、今年のダルビッシュはかなり期待できそうですね。

やはり、1年やって慣れてきたってことでしょうかね。

2013年2月6日水曜日

中日、自称163キロ男のリベラ不合格

中日のテスト生であるエディ・リベラ投手(24)が2月5日、
球速のサバ読み疑惑の中で不合格となったということだ。

韓国のハンファとの練習試合に登板し、1イニングを
無失点に抑えたが、自称163キロの最速は138キロに
とどまり、試合後に不採用を通達されたということだ。

うーん、いくらこの時期とはいえ、自称163キロなんだから、
最低も145キロ以上が出ないと、ちょっと厳しいですね。

138キロのストレートなら、高校生級ですからねぇ…

まあ、プロでも138キロが最速のピッチャーもいるだろうけど、
多彩な変化球と投球術がないと、138キロでは抑えられない
でしょうね。

元オリックスで阪神に来た星野みたいなピッチャーだと、
ボールの出どころが見にくいので、あの球速でも
速く見えましたけどね。

それに緩急の差もあったので、あんな遅い速球でも
抑えられたのでしょうね。

日本のレベルではちょっとむずかしいので、他の国に行って
野球を続けて貰いたいものですね。

野球がダメなら、ゴルフ上達ノウハウでも買って、
ゴルフに転向するのもいいかもしれません。

桑田とかもゴルフをやっているし、ジャンボ尾崎は
元野球選手ですからね。

2013年1月17日木曜日

クルム伊達が18年ぶり全豪3回戦へ

テニス・全豪オープン第4日の女子シングルス2回戦で
世界ランク100位のクルム伊達公子が、同90位の
シャハー・ピアー(イスラエル)と対戦し、6-2、7-5の
ストレート勝ちで18年ぶりとなる3回戦に駒を進めた
ということだ。
クルム伊達公子、すごいですね。

この年齢でここまでやるとは驚異的ですね。

長丁場になると、結構体力的に厳しいとは思いますが、
次も早めに勝負を決めて、快勝してもらいたいものですね。

しかし、相当トレーニングをしているんでしょうね?

所属がエステティックTBCってことなので、身体のケアを
充分受けているんでしょうかね?

まあ、なんにしろ、根性がすごいというか、尊敬に値しますね。

私も高橋ミカさんプロデュース商品でも使って、少し節制しないといけないな。

2012年12月26日水曜日

オリックス復帰の平野、年俸1億5000万円

オリックスは、阪神から国内FA宣言をした平野恵一内野手(33)の
獲得を発表し、年俸は1億5000万円プラス出来高払いの2年契約
だということだ。

1億9000万からは下がっているけど、1億5000万+出来高とは
意外に評価が高いなって感じですね。

もうちょっと年俸は下がると思ったんだけどね。

まあ、元オリックスの選手だし、グッズの売上なんかも見込んでの
ことなんでしょうかね?

年俸は激減すると思ったけど、平野はオリックスに救われたな
って感じですね。

ってか、あの成績で1億9000万とかありえないですよね。

なんかプロ野球業界ってちょっと年俸が高騰しすぎじゃないでしょうか。

まあ、阪神や巨人、ソフトバンクなんかは儲かっているからいいでしょうが…