2011年10月9日日曜日

西武G・G佐藤、石井義人、ロッテ那須野が戦力外に

西武のG・G佐藤外野手と石井義人内野手、元横浜で現ロッテの、
契約金5億3000万円男・那須野が戦力外になったらしい。

西武のG・G佐藤は北京五輪のポロリ事件で一躍守備がダメな
選手とレッテルが貼られてしまったけど、実際は守備は下手ではないし、
パンチ力もあるので、まだまだ現役でいけると思うな。

ただ、契約更新では毎回もめていたので、あまりいいイメージはないね。
格安年俸なら必要な球団はあると思うし、阪神のように守れない
高年俸の外野手を使うよりは、G・G佐藤でも取った方がいいような気はするね。

石井義人もまだまだ充分現役ではやれると思うので、欲しい球団は
あるんじゃないかな? この2人の戦力外はちょっと意外だったね。

トレード要員でもいいとは思うけど、ある程度高年俸になってくると、
一度戦力外にして、格安年俸にしないと、なかなか貰い手がないのかもしれないな。

野球は実力第一なので、減俸幅などの制限は設けない方が
いいような気もするけどねぇ… 今は最大30%だったかな??

G・G佐藤と石井義人はいいとして、元横浜の那須野が問題だよね。
5億3000万円という裏金で横浜入りしたものの、ほとんど活躍できずに
ロッテに出され、一軍登板なしで戦力外だなんてちょっと情けないよね。

契約金は最大1億円+出来高の5000万円で1億5千万円が最大なのに、
5億3000万円という裏金まで出して獲得した割にはほとんど活躍しなかった
完全は不良資産って感じだね。

まあ、ヤンキースの井川も不良資産ではあるけど、井川の場合は一応日本では
活躍したわけで、那須野の場合はプロではホントダメだったなって感じだね。

いくらアマチュアでよかってもプロでは活躍できるかどうかは分からないので、
あまり大金を出すのはどうかと思うな。

0 件のコメント:

コメントを投稿