2011年10月12日水曜日

サッカー日本代表対タジキスタン戦

昨日の日本代表対タジキスタン代表戦をテレビで見てたけど、
あそこまで実力の差があると面白くないね。

だって、タジキスタンの選手が全然ボールを取りに来ないんだもの。

やはりスポーツって一方的だと面白くないなって思った。

野球だと、30対0ぐらいのスコアだと思う。

甲子園でもたまに大差の付くような試合があるけど、
そういったのを見てると負けているチームが可哀想になってくるからなぁ…

やはりある程度緊迫した試合にならないと、ハラハラドキドキ感がなくて、
ほんと途中で飽きてくるよね。

サッカーはやはり1点差ぐらいで試合が推移する方が、見ている方も
守備の時はハラハラするし、攻撃の時はドキドキするので
そういうのがないとつまらない試合になってしまうと思う。

まあ、勝ったのは良しとして、次の試合も頑張ってもらいたいです。
今は予選なので、何より勝利が大切だからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿