2011年10月23日日曜日

内川、江藤以来2人目のセパ首位打者

ソフトバンクの内川聖一外野手が打率・338で、江藤慎一(中日、ロッテ)以来、
40年ぶり2人目となるセパ両リーグでの首位打者に輝いたということだ。

これはすばらしいね。最初、江藤って聞いたときに、元広島で、巨人、
西武に行った江藤かと思ったけど、首位打者ってイメージはないし、
西武に行ってからはそんなには活躍していないのでどの江藤だろうって
ちょっと考えました。

江藤といえば、元広島の江藤しか思い浮かばないんだけど、
40年ぶりってことなので、私はまだ産まれていない大昔の選手ですね。

しかし、内川は横浜を出てよかったね。
今の横浜じゃまず優勝なんてできないからねぇ…

来期はモバゲーの運営会社が横浜を経営することになりそうなので、
新庄が監督でもすれば、少しは強くはなるかもしれないけど、
今の戦力じゃ到底優勝は無理だろうね。

とにかくピッチャーをなんとかしないとダメだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿