2013年7月15日月曜日

ゲイ、パウエル、ドーピング陽性


男子短距離の元世界王者である米国のタイソン・ゲイ(30)に、
ドーピングの陽性反応が出たことに続き、陸上男子100メートルの
前世界記録保持者アサファ・パウエル(30)と、2008年北京五輪の
女子100メートル銀メダリストのシローン・シンプソン(28)ら
ジャマイカの陸上5選手にもドーピング検査で陽性反応が
出たということです。

これはちょっと陽性反応が出すぎですね。

検査の精度が今回から良くなったってことでしょうかね?

陸上競技、特に短距離や投てき系はドーピングをする人が
後を絶たないですね。

実際は、陽性反応が出た人以外にもドーピングをしている選手も
いるんでしょうけど、薬物まみれで記録を出されても、ちょっと
見ているほうとしては引いちゃいますね。

まあ、それだけ、ドーピングの効果は大きいのでしょうけどね。

ウサイン・ボルトは他の選手とは規格が違うので、ドーピングは
してそうにないですが、ジャマイカから5選手も陽性反応が
出ているので、ボルトとしても複雑な思いがあるでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿